四谷学院の保育士試験通信講座ってどう?!テキスト全部借りてきました。がっつりレビュー!!

おすすめ☆通信講座の無料請求
通信講座なら四谷学院がおすすめです
全国平均の2.6倍の合格率!
無料で資料請求できます♪

詳しくは>>>こちらの記事
Pocket

child-316511_1280

こんにちは、試験勉強おつかれさまです。

さてさて、本日は四谷学院の保育士講座(通信教育)についてがっつり調べてみましたよ。

先日の記事でもお伝えしましたが、私の友人が保育士試験を受験することになり、「独学は不安!(:_;)」という希望のため一緒に通信講座を探しているのです。

・こどもが小さく通学は無理
・勉強できるのは1日1時間くらい
・できれば2017年前期に全科目合格したい

こんな希望を持っている人です。

実は、一番よさそうだな~と思っていたのが四谷学院の通信講座。
なんたって合格率が58%!(全国平均の2.6倍)なんです。

yotsuya

今回、私のブログを見ていただいた四谷学院の保育士試験担当者の方のご厚意で、参考のためにテキストをすべて貸し出していただけることになりました( ;∀;)!!平成26年度版なので内容は古いのですが、テキストの種類や構成は変わっていないとのこと♪

著作権を侵害しない範囲で、ギリギリまでお見せしちゃいますので、参考にしてくださいね。

↓↓このバナーもクリック↓↓
↓↓見比べながら読んでください↓↓

四谷学院の通信講座テキストはこんな感じ!

newimg_0801

じゃじゃん!
四谷学院の通信講座テキスト&DVDはこんな感じです。
カラフルで可愛く、テキスト類が分厚すぎないのがイイ!

標準学習期間:8ヵ月
受講サポート期間:平成29年、平成30年(前期)の試験終了まで
課題提出回数:全8回

2016年12月に申し込むと、今後3回(平成29年前期・後期・平成30年前期)までしっかりサポートが受けられます。
試験範囲の変更や法律改正などにも対応してくれるそうです。
かなりお得。

3か月間で合格は可能?

標準学習期間は8か月となっていますが、WEB配信講座ではなく、DVDにすでに保存してある内容の講義なので、早いペースで進めれば今からでも2017年4月の全科目一発合格は夢ではありません。1日45分間勉強した場合、全科目の学習が終了するのに8か月かかるという目安なので、1日2時間くらい勉強できれば3か月間でも大丈夫そう?

また、前期(4月)に数科目合格、後期(10月)に残りを合格、などのプランニングもできそうですね。

サポート期間が1年半なので、逆に言えばそれまでに絶対受からなきゃ!!っていうプレッシャーにもなって良い(笑)。

DVD→テキスト→演習トレーニング

yotsuya3

四谷学院の通信講座は【DVD講義動画5分】→【テキスト30分】→【パソコン演習トレーニング10分】という45分間が1章分になっています。細かく区切られているから、子育て中に「うわ!泣き出した!」「うんちした!」とかで勉強が頻繁に中断される子育てママにもおすすめ。
学習理論的に言えば、スキナーのプログラム学習理論にある「スモールステップの原理」が活かされており、ステップを踏みながら理解して先に進めます。

yotsuya2

四谷学院のCMでもおなじみの「55段階指導」ですが、パソコンで行う演習トレーニングのことです。これは、1問1答形式でいま勉強したことの知識を確認するのですが、間違えた部分を記憶してくれるので、復習もしやすく、自分のレベルに合った段階を55段階から自動的に判別して、基本問題から応用問題まで対応してくれるそうです。

すごいな、人工知能か?(笑)。

保育士講座テキスト

newimg_0802

こちらが本編のテキスト8科目です。
1科目当たりの厚みはそこまでないので、「厚すぎて、、気が遠くなる・・」なんてことがない、ほどよい量がいいですね。

newimg_0804

中を開けてみると、カラー印刷イラスト付きなのがすぐにわかります。
暗記を助け、理解しやすくなっている印象です。
白黒モノトーンの教科書って、なんか読む気しないですよね?(笑)

*今回レンタルしていただいた教材ではフルカラーなのですが、受講生の中で赤シートを使いたいという声があったため、今年から2色刷りになっているそうです。シートで消すことを前提に赤字を入れているわけではないので赤シートは添付されませんが、消したい人は自分で赤シートを買えば消せるそうです!

newimg_0805

カラー印刷なので、特に保育実習実技の科目は理解しやすく、かなり良かった。
ぶっちゃけ、独学でかなり苦労したのが保育実習実技。
これはイラスト・図表がしっかりのってて、コード進行もわかりやすかったです。

内容も、手あたり次第、重箱の隅までつつきまくれ~~!!って感じの超詳しい内容というよりは、ピンポイントで出やすい部分をしっかり絞ってある感じがします。

テキスト学習は1章あたり4~5ページで、目安時間は30分。

しかも知識がしっかり定着するように、全範囲を2回学習するから安心!
いま話題の【スパイラル学習法】ってやつね。

newimg_0806

各科目ごとに分冊になっているから、持ち歩きもラクでいいですね。
私が使ってた市販テキストは上巻(分厚い)&下巻(分厚い)だったので、ちょっと勉強しにくかったから、薄いテキストっていうのは好印象。

動画講義がついている

newimg_0803

各テキストの見開きに、動画講義DVDがついていました。
試験に絶対に必要な内容だけを厳選して収録しているからDVDは1章あたりわずか3~5分!
忙しくても大丈夫という気配りがうれしい。

DVDって、いまどきプレイヤーもっていない人もいるよね?と思ったところ、なんと今年の教材から動画DVDではなくインターネット環境で視聴できるWEB講義が開始されるとのこと!

ネット環境さえあればスマホやPCでどこでも勉強できますね。

スタバの無料WiFi使って勉強することも可能(笑)。

2017年試験対応版からはDVDは付属せず、完全にウェブ講義になります。

あ、講義動画のサンプルがYoutubeにありました。(約3分)

問題演習はパソコンで!

hoikuyotsuya2

動画講義を見て、テキストを読んだら、次は問題演習!演習はパソコンでゲーム感覚で行います!徹底的な反復トレーニングで学習したことをしっかり定着させるみたいです^^

間違った問題を繰り返し学習できる「フォローアップシステム」
気になった問題を登録しておくことができる「My Page機能」
定期的に再確認できる「総復習システム」

スケジュール管理や成績を自動で管理してくれる55段階ナビも搭載しており、ペース配分もばっちり。

newimg_0810

パソコン操作が苦手な方でも大丈夫なように、超詳しいマニュアル付きですよ。

四谷学院通信講座 添削課題

newimg_0814
本番と同じような形式の模擬試験を、添削してくれます。
独学で勉強していると「解く」→「自分で採点」→「落ち込む」→「あ、見直しするの忘れてた」的な負のスパイラル(笑)に陥ることがあるんですが、四谷学院は担任制がありしかも添削もしてくれるので教材をしっかり活用できそう。

資料集がイイ!

newimg_0815

パッと見た時、「資料集ってなんぞや」と思ったのですが、なかを開けてみてその充実ぶりにビックリ!
いわゆる「法令集」ってやつですね。
hoikuyotsuya3

保育所保育指針、ガイドライン、日本人の食事摂取基準、児童福祉法などなど・・・・

保育士試験に頻出の法律関係が1冊にまとまっています。
統計データが最新のものになっているのが、イイ!

実は私は2015年版のテキストで勉強したので、虐待に関する数値とか乳児院の数とか、そういう「数値・統計データ」を最新のものにするために自分でネットで調べたりしていました。この作業が、意外と面倒くさいんですよ!!

日本人の食事摂取基準は2015年版になり、こちらを新しく購入した方も多いと思いますが、けっこう値段しますからね。

データ関係のものが1冊にまとまっているので、辞書的な感じで調べたりするのにGOODだと思います。

実技試験対策もできるよ

newimg_0818

通信講座ではめずらしく、実技試験対策もセットになっています。
動画講義DVDと、テキストです。
音楽・造形・言語の各実技指導DVDでは、採点基準を熟知した先生が「合格のコツ」を直伝してくれます。

newimg_0820

実技試験対策のテキストもフルカラーだから、「造形」では過去の合格者の描いた作品がズラーーーっとフルカラーで見れます。これは、かなりリアルで参考になりますね。

「うますぎない」から、合格が身近に感じるwww

newimg_0819

一番いいな~!と思ったのは、「言語」のおはなしのシナリオ例がのっていること!
私は絵本を買って自分で台本を作りましたが、3分間におさまるようにするのが大変で、完成までにかなり時間がかかりました。。。

こうやってあらかじめ作っておいてくれれば、これ暗記するだけでいいじゃん!

超便利~~^^

hoikuyotsuya4

実技試験DVDは、試験当日の様子や、持っていくべき持ち物など、細かい注意点も解説されています。
1番のポイントは「不安なこと・わからないことがあったら四谷学院に連絡してね」っていうサポート体制ですよね。

実技試験は事前準備で合否が決まるといっても過言ではないので、念入りに準備しておきたいですから。

Yahoo!知恵袋で質問しているうちに、「当日になっちゃった~!」なんてことになったら大変なので(笑)。

気になる質問Q&A

question-mark-1829459_960_720
通信講座を受けるにあたって、私が気になった点を四谷学院の方に質問してみました!
もし迷われている方がいたら参考にしてくださいね。

1科目だけでも受講できますか?

はい、可能です。1科目14,800円~で、2科目目からは+10,000円でご用意があります。再チャレンジの方はそちらの方がお得です。7科目以上受験し、実技も受けるのならば全科目フルセットの方がお得になっています。

実技試験対策だけの受講はできますか?

はい、可能です。【実技試験対策講座】というコース名で、ご用意があります。実技指導DVD・テキスト・学習の手引きなどがセットになって9800円です。こちらの講座に申し込んでいただくと、【添削指導オプション講座】という講座への申し込みができ、添削指導2回/科目でオプション1科目9800円です。詳しい内容などについては無料の資料請求にてパンフレットでご確認ください。

ほかの予備校より値段が高い気がするのですが・・

yotsuya6

四谷学院の通信講座は、お一人ずつ【担任制】があり、学習状況の進捗確認や学習サポートなどを1対1で行っております。また、オリジナル教材を使った55段階システムで、育児やお仕事でお忙しい方でも進められるような仕組みになっています。

そのためモチベーションが維持しやすく、圧倒的な合格率(58%)になっています。まだ集計していませんが、平成28年についてはさらに合格率が高くなっているはずです。
yotsuya5

また、教材も保育士試験委員であった汐見稔幸先生が監修し、常に最新の内容に更新されていますので、教材のクオリティを維持するという点で、他社さまよりもお値段は少々高くなっております。

しかし、その分に見合った内容と満足が得られると自負しております!

合格されている人の人物像ってどんな方ですか?

youchien_piano_kids
通信講座で合格する人は学歴の高い人やもともと学習能力の高い人と思われがちですが、四谷学院の通信講座ではそういった傾向はみられません。小さなお子様がいて「あまり勉強時間が作れず、効率よく学習したい」といったニーズがある人から、「若い人とまざってスクーリング(通学)は嫌!」という中高年主婦の方に支持されています。

合格しているのも、そういった方々ですね。

保育士試験対策どこでもcheck本

hoikuyotsuya

最後に・・私が「おお!」と思ったミニブックがこれ。
どこでもcheck本というもので、各科目ごとに1冊あります。
とってもコンパクトなミニサイズの要点集!

newimg_0808

こちらもコンパクトにまとまっており、わかりやすい!

印刷は、2017年版からは2色刷りになります。
こんな感じ。


電車での通勤・通学中や、自宅でちょこっと勉強するときに便利ですねー。
なにより、試験直前の見直しにもってこいですよね。

図表にまとまっているから、子どもの食と栄養のところなんかかなり使いやすい。
「あれ?1歳児のエネルギーに占めるタンパク質の割合ってどれくらいだっけ・・」とふと疑問に思ったときにも、辞書みたいに使ってすぐ調べられます。

yotsuya4

このミニブックは誰でももらえるわけではなく、まずWebから資料を請求し、その後Webから講義を申し込んだ人限定でもらえます。もちろん、資料請求せずにこのページから講座申し込みしてもOK。

まずは無料の資料請求で値段や中身の確認をしてみてください^^

総評

newimg_0801

1章あたり45分間(動画→テキスト→PCで演習)で完結するスモールステップの学習が魅力の、四谷学院の通信講座でした。テキストは厚すぎず、多色印刷なので飽きずに勉強できるのも良かったです。PCの演習は自動的に自分の苦手な部分を重点的に学習させるようになっており、短い期間で効率よく勉強できるようになっていました。

・細切れの時間しか使えない
・集中力が長くはもたない
・テキストだけではなく講義で目と耳からも覚えたい

そんな方にオススメです。

思えば、小学校~大学まで、「まず先生の授業を聞いてから」→「自分で家でテキストで復習する」っていう流れが日本の教育ですよね。なのに、資格試験勉強になると、いきなり「自分でテキストで勉強する」っていう段階から入るため、挫折者・不合格者が出るんだと思うんですよ。

だから、最初に講義動画で学習のツボを教えてもらえるというのは、かなり大きなメリットだと思います。

やはり、2016年4月保育士試験(前期)自己採点の結果・・当日の様子を振り返りという記事でも書きましたが、私が受験した試験会場では8割の方が予備校のテキストを使用していました。独学でやる人って、少ないのかも・・と感じていましたが、いやはや、予備校の通信講座はとても良くできているのですね^^;

一方で、イマイチかなと思うのはココ。

・ネット環境が必須
・パソコンかスマホが必須

演習トレーニングのほうは、いったんインストールしてしまえばオフラインでも使えるのですが、パソコンのセッティングが必要になってきます。これは50代以上の方にとっては少しハードルになるかもしれません。
丁寧な解説書がついていますし、電話対応で相談もできますけどね^^

ネット環境については、スターバックスカフェが近くにある方なら、無料Wi-Fiが使えますので便利ですよ。

yotsuya7

通信教育のなかには、「教材を送り付けて終わり」という業者も少なくありません。

四谷学院のように、担任制になっておりしっかり相談できる先生が1人に1人つくシステムは画期的だと思います。

あきらめずに、最後まで合格目指してがんばれそうです。

気になった方は下記の公式HPでチェックしてみてくださいね^^

最後までお読みいただきありがとうございました。

 合格率58%!!四谷学院の保育士講座 資料請求

*なお、教材の詳しい内容については毎年改訂を行っているため、実際の内容と異なることがあります。ご承知おきくださいm(__)m

↓↓いつも応援ありがとうございます↓↓

にほんブログ村

通信講座なら四谷学院がおすすめです
全国平均の2.6倍の合格率!
無料で資料請求できます♪


詳しくは>>>こちらの記事
スポンサーリンク