保育士の給与はなぜ低いのか?

おすすめ☆通信講座の無料請求
通信講座なら四谷学院がおすすめです
全国平均の2.6倍の合格率!
無料で資料請求できます♪

詳しくは>>>こちらの記事
Pocket

書類はすべてそろったのに寒くて外に出られず、まだ受験申請ができていません。。
今日はするぞ!簡易書留!郵便局
さて、今日は新聞記事から…。
girl-504315_960_720.jpg
保育士の給与はなぜ低いのか 待機児童問題から考える(朝日新聞デジタル2015年10月)

この記事を読んで、首が吹き飛びそうなほど、うなずいてしまいました( ..)φ
保育士の給与はなぜ低いか?

認可保育所の場合、財源は基本的に公的な補助金と、親が払う保育料です。その保育料は公定価格で決まっているので、事業者側が勝手に定めることができません。基本的に、補助金か保育料を上げないと保育士の給料は上がりません。
また、保育士は長く勤めても昇給しにくいシステムです。日本の保育士資格にはスキルに応じた資格の区分がありません。仮にスキルアップしても保育所に補助金が増えるわけではないため、昇給に結びつきにくい。さらに、株式会社が設立した私立の保育所は、公立にはある退職手当などへの補助がなく、賃金はさらに低くなります

え~、、退職金ナシの正社員契約とかアリなんですかね?( ゚Д゚)?
契約社員扱いで、非正規なのかな…
ちなみに保育士の給与水準は…

13年の調査では、保育士の賃金は月額20万7400円。これは公立も私立も含めた統計なので、もっと低い人もいます。全産業の月額平均29万5700円を大きく下回ります。幼稚園教員は21万9600円で、小学校教員は33万1600円です。(中略)『ただ子どもと遊んでいるだけ』という保育士に対する誤解もあります

こういったことは今までにもさんざん報道されてきたので、ご存じの方も多いはず。
私がこの朝日新聞の記事で、「おっ!」と思ったのは下記の部分。

学校教育と同じで、すべての子どもに『保育所に通う権利』を保障することを掲げた国があります。例えばノルウェーでは、(中略)親が家で面倒を見ることは、親子が地域で孤立することや、仕事をしないことで貧困に陥る可能性が高いことから、09年からすべての子どもに1歳から保育所に通う権利を保障しました。ドイツでも13年から、1歳以上3歳未満の子どもに保育を受ける権利が保障されました。保育所が、働く親のためでなく、子どもにとって必要な施設という考え方で整備される動きがみられます

以前に虐待に関する記事を書いた中で私も述べていますが、保育園をこどもの教育・発育・発達にとって重要な施設であるという認識をもとに、もっと気軽に預けられる文化ができてくれば、子育て家庭の負担を減らしながら、保育需要の拡大や政策の充実化に結びついてくると思うんですよね。
社会保険料払えるワーキングマザーが増えてほしいから、政府も「両立支援」してるのでしょう?
もっと保育園の敷居が低ければ、働きたい人はたくさんいると思います。
この記事で紹介されている、保育園で「保護者にお酒を提供する」イギリスの取り組みなんかも面白いですね。
保育園が「補助金」と「保育料」だけに依存して経営していく限り、保育士の給料問題は解決されないでしょう。
あたたかなまなざしで包まれた神聖な保育の現場に対してドロドロなコメントかもしれませんが、
もっと柔軟な発想で、”稼ぐしくみ”を作っていかなければいけない時にあるのではないかと感じます。

スポンサードリンク

↓↓保育士試験の情報がたくさんあります↓↓

にほんブログ村