50%覚えれば75%に正答できる!

おすすめ☆通信講座の無料請求
通信講座なら四谷学院がおすすめです
全国平均の2.6倍の合格率!
無料で資料請求できます♪

詳しくは>>>こちらの記事
Pocket

学生時代に家庭教師をしていたとき、
「全部なんて覚えられない!」「あいまいに覚えてて、結局失点した…」
なんて悩みをよく聞いていました(>_<)
その気持ちはよくわかります。私も経験あります。
child-316511_1280.jpg
たとえば「試験まであと一週間しかない期末試験」などの時間がない試験のときは、
全部を完璧に覚えなくても、50%を完璧にしようと話します。
センター試験や保育士試験のように、一文の正誤を判断させる問題ではこの方法は効果てきめんです^^
たとえば、

・フレーベルは『母の歌と愛撫の歌』を著した
・ペスタロッチは『穏者の夕暮』を著した

という二つの覚えるべき事柄があるとします。
そのとき、両方覚えようとすると、知識があいまいになって
本番になると、「あ、あれ、、?『穏者の夕暮』書いたのってフレーベルだっけ??あれ?誰だっけ!!(滝汗)
となってしまいます。
しかし、”フレーベルは『母の歌と愛撫の歌』を著した”だけを完璧に覚えていれば

・フレーベルは『母の歌と愛撫の歌』を著した 【自信をもって〇!】
・フレーベルは『穏者の夕暮』を著した    【自信をもって×!】
・ペスタロッチは『母の歌と愛撫の歌』を著した【自信をもって×!】
・ペスタロッチは『穏者の夕暮』を著した   【??わからない??】

ということで、4問中3問(75%)に自信をもって答え、正解することができるのです!(^^)!
なので、私はとりあえずあと3か月しかないので、
テキスト全部を覚えようとはせず、自分の決めた「テキストの半分」をしっかり覚えようと思います
試験前に余力があれば、暗記する範囲を増やしていこうと思いますが、
あまり欲張るよりも、「絶対覚えてる!」と自信をもてる部分が50%ある方が絶対有利です。
「50%を覚えて、75%に正解する!」このコストパフォーマンス、おわかりになりますでしょうか・・。
こんな偉そうなこと書いて、落ちたらすっごく恥ずかしいですが、、、(笑)
自分へのプレッシャーのためにも勉強方法をこまかく紹介していきたいと思います( ^^) _U~~

スポンサードリンク