実技試験の概要まとめ

おすすめ☆通信講座の無料請求
通信講座なら四谷学院がおすすめです
全国平均の2.6倍の合格率!
無料で資料請求できます♪

詳しくは>>>こちらの記事
Pocket

実技試験は、

①音楽表現に関する技術
②造形表現に関する技術
③言語表現に関する技術
(必ず2分野を選択)

となっています。
ちなみに、学科試験の全科目に合格しないと、実技試験にはすすめません。
しかも、実技試験対策は、学科試験が終わってからでも十分間に合います!!!!
(ネット情報&保育士の友人談)
なのでとりあえず学科試験に集中したほうがよさそうですね。
ちなみに試験内容ですが、
http://保育士の資格.com/shikakusyutoku08/
に詳しくのっています。
抜粋すると、

音楽:課題曲2曲があらかじめ提示され、幼児に歌って聞かせることを想定して、課題曲の両方を弾き歌いする(楽譜持込可)。ピアノ・ギター・アコーディオンのいずれかで演奏。前奏・後奏を付けても良い。歌詞は1番のみ。移調可。
芸術:保育園での保育士とこどもの活動の一場面を絵画制作する。表現に関する条件は当日提示される。鉛筆かシャープペンシル(HB~2B)色鉛筆(12~24色)、消しゴム持参。試験時間は45分。解答用紙はB4。紙の種類、絵を描く欄の形、大きさは当日提示。
言語:各自、あらかじめ用意した童話(いくつか候補があらかじめ提示される)を、3分以内にまとめて話す。自分の前にいる20人程度の3歳児クラスの幼児に集中して話を聞かせるという時間を想定。話は童話、昔話など自由。台本、道具の使用は禁止。

こういう内容みたいです。
保育士試験をうけた私の友人はみんな「音楽」と「言語」を選択していましたね。
ピアノを習ったことがある人は、「音楽」にするといいでしょう。
「言語」も、いわゆる「素語り(すがたり)」といわれるもので、基本的には誰でもできるので、これは必ず選択したほうがよさそう。

芸術は、意外と人間って描くの難しいし、よっぽど絵に自信がない限り、選択しないほうがいいんじゃないかと思います。

ピアノを習ったことがない人でも、楽譜は自由に選べるし、
ごくごく簡単な両手弾きの譜面を選べば、ピアニカレベルの演奏で大丈夫だと思います。
実技試験の合格率は正確には公表されませんが、95%程度と言われています。

笑顔があれば、大丈夫!!( ^)o(^ )!!

YouTubeとかにも、見本がアップされているので、
実技試験前にはいろいろと先輩のパフォーマンスを参考にするのもいいかも。

スポンサードリンク